忍者ブログ
ずっと好きな恋愛してます
| Admin | Write | Res |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
(04/10)
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/14)
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

。゚(゚^Д^゚)゚。最高の大人のおもちゃ情報。゚(゚^Д^゚)゚。

恋愛したいけど、まずはアダルトグッズで一人恋愛ですww


恋愛したい。。それは理想と現実では差があることも有りますが・・・・その理由に私の性格が奥手でだった事も影響して経験不足から尚更そう思っていたのですけど・・・。

その内、その手の経験をちょっぴり積んでいくなかで自分として何が必要か、何が大切かを考えるようになりました。

私は精神面や価値観などがある程度の共有が出来る必要性を他人へ重んじていた為、その事を知っている知人に言わせれば、他人への基準が高いように思われた事も多々ありますが、私としては相手に対して気を使いながら接していても続くものでは無いので、ある程度まで歩み寄れるような共通点を他人との接点に必要と考えました。

しかし、理想と現実は違うのでそんな上手くいくわけでもなく、現実問題としては経験で色々ありましたけど・・・・・。

所がつい最近この手の話で相談される中で不思議な経験をしました。

恋愛したいと簡単に言えば相手のこう言う所が嫌だけど一緒(結婚)になろうとしている、又は一緒になったと言う話・・・・・・。

話の内容から、ただのお惚気の場合(笑)もあるのですが、話は人間性や価値観の相異が大きいレベルであり完全にお互いが合わないのであれば普通に考えれば次の他人を探せば良いだろうと言う話がよくあります。

この手のよく理解出来ない話を私は今までに何度も聞いていた為に普通に多いものだと思っていたら、どうやら多いという自体が珍しいと言う指摘を友人から受けた事も・・・・(こんな経験は普通は多く無いそうです)。

始めに話した「恋愛したい理想の人」と言うのは実際に存在しない事を誰もが理解しています(多分)。

それは自分を筆頭に人格的にも人間的にも人間は根本では未熟だからです。

そう思っていますのでその理想論を他人へ押し付ける為には自分の事を棚に上げながら相手を選んでいく事は誰もが普通に経験する筈だと思っていました。

そんな考えの中で他人から聞く「結婚して一緒になったらこんな人ではなかった」と言う不満の話ではなく付き合っている段階で相手の相違点の不一致をよく理解していながら一緒になる場合(なろうとする場合)があります。

この手の考え方がまだに私にはあまり理解できません。
わたしは恋愛したいのですが。。
たしかに人は「寂しさ」「孤独」とかを無くす為にあまり好きでもないのに付き合った、そして良い人(やさしい)だからと言って一緒になる事もありますがそもそも「考え方が合わない」と言って置きながら一緒になる選択をする人間って「一体何なんだろう?」と思います。

その理由が孤独を拭う為だとしても・・・・・そうする気持ちも多少は分るのですが・・・・。

ただ、こういう場合の話の共通点は必ず年齢による焦りが存在している場合が多く。相手だけではなく自分の年齢による妥協という別な問題が存在しています。自分がこの年だからというような妥協。

私も恋愛したいとはいえ、結婚が早い方ではなかったので、この年齢による焦りと言うのはよく分かりますがそれだけで行動するような事例を見ていると「結婚と言うのは一体何なんだろう?」と思わざるえません。

普通は恋愛愛時に良いと思って結婚して「こんなはずじゃなかった」と言う事が普通にあったとしても、恋愛愛時からやばくて、結婚したらよくなると言うのは・・・・・・・あまり無いと思うのですが・・・・ゼロとは言いませんけど。

結局、これらの他人の話を聞いていると私としては、独身の時に周りが結婚していく事で焦ったり、自分に自信がなくなったりしていたので結婚は簡単に出来るものではなく半分は縁次第のような偶然的なものと感じていたのですが、これらの話を整理すると本当に相手を選ばなければある程度の確立で結婚は出来るだろう・・・・と私は思ったりもしますが、逆に私の考え方自体が「間違っている???」と思うときがあります。

恋愛したい他人が同じとは限りませんからね

又、結婚の場合、本人同士の問題の他に親兄弟、親戚などが絡んできます。

今回のネタになった話の場合だと恋愛愛だけではなく結婚となってくると尚更大きく影響する為、当人同士で「大きく隔たりがある」と思うような恋愛同士に、親兄弟親戚がプラスされると多分「爆発」すると思います。

しかし、そのような多くの問題が合っても結婚をすると言う事例が私の知る限り何故かあります・・・・・・。

この場で話している私の考え方は何も高望みと言う話ではなく人間としてある程度共通点が必要としている部分だと思っていますが正直よく分からないとしか言えません。半分理想論も入っている為です・・・。

私の考え方自体の比重が精神面を重んじているので尚更そう思うのでしょう。

ある知人が「結婚する人と恋愛愛する人は別」と言った事を書きながら思い出しましたが、この言葉はある意味当たっているのかもしれません。

恐らく今回の話のネタになった出来事は恋愛愛上での相違点となっている原因は当事者による自己主張の強さが原因と思いました、相手に対して押し付けるような人格、単純にわがままだと言う事(私から見た場合に片方がそう見える)。

そしてもう片方がそれに合せる事によるストレス・・・・・・・・片方が理解して片方は理解していないと感じました。

多分、人間は理屈や理想ではどうすれば良いのか分かっていても感情で判断している事が多いと言うことなのかもしれませんが相変わらず人間を理解する事が難しいと考えさせられる経験でした。

恋愛したいっていってもね、

アダルトグッズでも十分ですね。今は。


上記記事抜擢。

アダルトグッズで恋愛したいっすww
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you忍者ブログ [PR]